読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想ライフ

競馬予想など競馬に関する事を書いていきます。素人の僕がここまで稼げるようになったのは?

日本ダービーと有馬記念だけは外せない

独身の頃は競馬にはまっていたこともあって、毎レース購入するといういう無謀に近いこともしていました。必死になって、必勝法を研究してみたり、穴の開くほど競馬新聞のデータを読み込んだこともありました。

それでも、競馬にはまっていた人の多くがそうであるように、結婚してからはかなり購入回数は減りましたが、それでも年に数回はG1レースを中心に馬券を購入しています。普段はあまり馬券を購入しなくなりましたが、それでも定期購入しているスポーツ新聞の競馬の情報欄はよく見ているくらいですから、根っから競馬が好きなのでしょう。はまっていた頃に応援していた馬の子どもや孫達が活躍しているのを見るのも楽しいことではあります。

不思議なもので、競馬に熱中していた頃はトータルでは負けることが多かったのですが、めっきり購入回数が減った今では勝っていることのほうが多くなっています。肩の力が抜けて競馬を少しはなれたところから大局的に見ることができるようになったことが好成績に結びついているのかもしれません。だからと言って、あまり頻繁に馬券を購入しようとは思っていませんが。

競馬をずっと見ていた人間にとって、どうしても購入しなければならないレースがあります。それが日本ダービー有馬記念になります。

この競馬は当てたいです。

どちらも、一般の新聞やNHKのテレビ放送もあるくらいの注目度の高いレースですが、負けても勝っても日本ダービー有馬記念は思い出がたくさんあるからです。

競馬はギャンブルという一面は確かにありますが、同時に思い出とロマンを思い起こさせる面もあることも間違いありません。あの応援していた馬が日本ダービーに勝った頃は自分は何をしていたとか、あの馬が期待に反して有馬記念に惨敗した時にはどのように暮らしていたなどが思い出されるのです。いい思い出も悪い思い出もありますが、例え悪い思い出であっても時間が経てば、悪いばかりでなかったように感じることもあります。

考えてみれば、私が日本ダービー有馬記念だけは絶対に購入しようとするのも、何か思いを残していおこうと思っているのかもしれません。馬券を購入せずにただ競馬のレースを観戦しているだけでは思い出になりにくいのでしょう。

競馬に熱中していた頃と違って、日本ダービー有馬記念が近づいてきてもワクワクする事はほとんどなくなりましたが、それでもまた日本ダービー有馬記念が開催されるような時期になったのかという感慨はあります。